普通のブログ


by mami-remon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

汁まみれ伝説第4話 「結婚、引退、そして伝説へ」

みなさんは甲府の門前が、勧誘希望者で溢れていた頃を覚えているでしょか?
あの頃は、隣で勧誘待ちしてる人と友達になったり、向こうが先に誘われると悔しかったりした記憶があります。
その当時だったと記憶しているんですが、川中島合戦において、武田家のピンク色の鎧を着ている女武芸がすごいダメージを出すという噂を聞いたのが最初のイメージだったでしょうか。(最近は破天装備でピンク鎧を作りなおしたそうです)
しかし今は、以前のようなトゲのある言い方はしなくなり、最近は徒党では楽しいマクロで党員を楽しませてくれるムードメーカーのような方です、管理人もたびたび誘いがあり組ませてもらってます。
信オンの事はあまり喋りたくないとの事でしたが、プライベートにおいて少し爆弾気味な事を聞く事ができました。
今日のゲストはこの方、「桐木あゆみ」さんです!

管理人   :こんw
桐木あゆみ :ぉはょ
管理人   :なんでその、ちっこい字がすぐ打てるの?w
桐木あゆみ :コントロ~ラ~プレィャ~だから””
管理人   :最近、星剣は売れてるの?w
桐木あゆみ :つくってなぃw
管理人   :んでもだいぶ儲かったんじゃね?w
桐木あゆみ :パッチきたらつくるけどw
桐木あゆみ :もぅけてなぃょ
管理人   :甲府が賑わってた頃はさぁ
桐木あゆみ :ぅん
管理人   :誰にでも噛みつく人だったけど、今はちょっ
と柔らかくなったよね?
桐木あゆみ :だからそのひとはもぅぃなぃてw
桐木あゆみ :元の人とは別人ょw
管理人   :ええーw
桐木あゆみ :ぁのひとはひりょぅまぇにゃめてる
管理人   :そうかぁw
管理人   :これは秘密にしとこうw
桐木あゆみ :そぃぅウソもぁりです^^^^^^^^^
管理人   :くそうw
桐木あゆみ :もぅだれにも噛みつかなぃょw
桐木あゆみ :もぅ放置にするってきめてるからね■
管理人   :どういう心変わり?w
桐木あゆみ :そぅぃぅ事にかかわりたくなぃだけw
管理人   :へ~w
桐木あゆみ :放置か無視が一番■
管理人   :なんかお気に入りのマクロある?w
桐木あゆみ :まぇとかわってなぃょw
管理人   :オーライ 楽しいマクロ紹介してよw
桐木あゆみ :   Λ Λ____
        /(*"ー") /\
桐木あゆみ :/| ̄UU ̄|\/
         |________|/呼んだ?
桐木あゆみ :これuかなぃw
管理人   :最近なにか楽しい事ない~?
桐木あゆみ :なぃ^ー^¥
管理人   :今度さ、夏雪って言う対人大会あるんだけど
さ、出てみない?w
桐木あゆみ :でてみたぃな■
管理人   :7人徒党でエントリーしてさ
桐木あゆみ :ふむ
管理人   :現地でランダムで7人組んでやるから、
管理人   :徒党で参加してw
管理人   :織田ー上杉ー徳川の人が多くってさ、主催者
がそれ以外の国の人にももっと参加して欲し
管理人   :いって言ってるからさw
桐木あゆみ :だれがその徒党ぁつめるのw
管理人   :お宅w
桐木あゆみ :ことわりますwぁつめるのきらぃw
管理人   :んもうw
管理人   :何か自分をアピールしたい事ある?w
桐木あゆみ :ぁぴ~るuたら
桐木あゆみ :ど~せ変な人がブログみてへんなことかくか
らなにもなぃw
管理人   :ええーw
桐木あゆみ :そぃぅことに巻き込まれたくなぃからぃぃょ

管理人   :記事できたら教えるから携帯でも見れるし
桐木あゆみ :みなぃけどねw
管理人   :見ろよぉw
桐木あゆみ :携帯使いほーだぃにuてなぃuw
管理人   :そかw
桐木あゆみ :ぅん
桐木あゆみ :一人暮らuとぃぅか知り合ぃとくらuてるか
余計なのにぉ金はかけられなぃのw
桐木あゆみ :携帯は彼がはらってるから
桐木あゆみ :贅沢させてくれなぃw
管理人   :そうかぁw ログイン時間減らして電気代節約しるw
桐木あゆみ :電気代は平気かなw
桐木あゆみ :オール電化だからね
桐木あゆみ :ガス代とかなぃからやすぃょ
管理人   :そいっじゃあ〆は、『ちかじか入籍するあゆ
みさんに幸あれ』で記事を〆たいと思います。
桐木あゆみ :っw
桐木あゆみ :否定はuなぃけどね
管理人   :おぉw
管理人   :いいことらw
桐木あゆみ :人生なにがぉこるか
桐木あゆみ :(∵)わかりません
[PR]
by mami-remon | 2007-10-24 21:01 | 汁まみれ伝説